「みんな一書」で改めて、復興の大変さを実感

先日告知した

>立ち上がった宮城の書人集まれ
>
>今の自分の想い、エールを揮毫して、
>書ギャラリー親かめ子かめまで

ですが、
タイトル決まりました。ぴかぴか(新しい)衝撃ビール

「みんな一書」

どうでしょう。
うちのオーナーがつけてくれましたぁ。結構気に入ってます。

さっそく、知り合いの新鋭(?)の書家に連絡とりはじめたのですが、
これが、なかなか進みません。

一応、ライフラインはすでに確保できている方に連絡とったのですが、
それでも、ほとんどの方が、
「協力したいのはやまやまなんだけど・・・・」
と、あまりいい返事をもらえません。
当初の予定では、快諾の嵐で
どうやって切り盛りしよう?
なんて心配していたのですが・・・・

「書家が文字書かないでどうする!」
と思われる方もいると思います。
しかしそんな余裕さえもないところに、震災の深刻さを実感しました。

物理的な復旧作業は進んでいますが、、
メンタル面のほうはやっと始まったばかり。まだまだ先は長いようです。

協力してくれる書家さん、今日はとりあえず2名確保exclamation ×2
明日も頑張って同志を増やします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です