石巻;登米書人会展を見学に行ってきました。車(セダン)

佛々不言
ゆらゆら燃える
新たな世界への挑戦

いつもご指導いただいている嵯峨大拙先生ですが、
これぐらい大きな作品を見たの久しぶりのような気が・・・・

本来、大拙せんせは、筆触作家であり、、
繊細で緻密な計算のもと空間、余韻を生かした作品がすばらしいぴかぴか(新しい)
(これは、おらの勝手な考察であり、間違っている可能性大あせあせ(飛び散る汗))
そんなわけかどうかはわかりませんが、最近の展覧会では、
超長鋒を使った細線の作品が多かったように思います。

でも、今回は、どっしりとした迫力のある作品。
やっぱり、こういうのは目を引きますな。
もちろん、今回の展覧会の目玉でした。

聞かなかったけど、昨年悪くした膝の調子がよくなってきたのかも。
よかったよかった。

おらも負けずに精進しないと・・・

ちなみに、おらも一点展示させていただいたきました。

どうでしょ?
展示情報 交通アクセス ギャラリー使用について